ケイバマン

毎週末の重賞の予想・買い目・回顧

【参考】京王杯SCの馬券法則 過去5年

どーもケイバマンです。

 

友人と2014年の京王杯をウィンズで観戦しており、その友人はレッドスパーダ応援馬券を500円ずつ買っていました。

 

レッドスパーダは前々走のオーシャンステークスこそ3着だったものの、前走の高松宮記念は17着。こんな成績で勝てるわけないと思っていましたが、競馬は何が起こるかわかりませんね!!

 

さて、2019年の京王杯SCですが、過去5年を振り返って気になったこと

 

 

【1】1番人気は一度も馬券にならず。↓

 

1番人気は過去5年で全て馬券外に負けていること。それも7着が最高着順という大敗っぷり。何か呪いでもかかっているのでしょうか。笑

 

今年は前日オッズでトゥザクラウンが1番人気です。正直、すごく意外で、僅差の2番人気がタワーオブロンドン

あまり、トゥザクラウンは買える気はしませんが……

 

【2】2〜5番人気で1or2頭が馬券に。↓

 

1番人気は全くダメなものの、2番人気からは信頼して買えるようです。

オッズが目まぐるしく変わっていますが、スマートオーディンロジクライ・タワーオブロンドン

 

【3】人気薄も1or2頭は馬券内に走ってくる。↓

 

特に過去5年で7番人気が4回馬券になっていますから、7番人気は抑えたいですね。

今年はキャナルストリート、リナーテ、エントシャイデン辺りでしょうか?

 

さらにさらに、

 

【4】馬券内になった馬で前走1着で京王杯に挑んだ馬の成績↓

 

「0-1-1-13」勝率ゼロ複勝13.3%

 

さらに、馬券内に絡んだこの2頭はヴァンセンヌロサギガンティアで、共に前走は重賞で1着でした。

 

【5】馬券内15頭のうち、14頭は前走重賞を走っている↓

 

なんと複勝93.3%

 

G1なら大敗オッケー、G2かG3ならそこそこ戦えている馬なら可能性ありです。

 

 

まとめると、

・1番人気は馬券に入れないこと

・2〜5番人気で軸がオススメ

・穴で7番人気は抑えておく

・前走1着の馬は重賞を勝ったなら信頼

・前走重賞から選ぶ(条件、オープン上がりは基本NG)

 

鍵になりそうなポイントは、

・トゥザクラウンの取捨。

・前走重賞は11頭、その中からどれを選ぶか?

 

というところでしょうか?

 

買い目↓

3連単1着固定」

スマートオーディン

ドーヴァー、サトノアレス、ロジクライキャナルストリート、タワーオブロンドン、エントシャイデン、ロードクエスト

 

42点100円  計4200円